顎関節症とは?

>

理想的な生活スタイルとは

指導者や医師の見解

医師の方や、医療従事者の方々は、体や健康に関して、とても意識が高いように感じるのです。
しかし、顎関節症に限らず、病気になってしまう人は、それほど、健康に関して意識を向けていない人もたくさんいるのではないでしょうか。
かといって、悪気があってのことではないでしょうし、これから、どうしていくかのほうが重要でしょう。
顎関節症の人の一部分を診断することではなく、その人の持つ価値観や大切にしたいことなど総まとめにして、いろんな選択肢があることを示して欲しいと願うのは、欲張りでしょうか。
様々な事柄が絡み合って、現状があるのですから。
しかしながら、医療機関では、その専門分野のことしか診てくださらないのが現状なんですよね。

できるかどうか

顎関節症の疑いがある人や診断が下った人が、これからできることは、何でしょうか。
顎が痛くなっても、食事を楽しんだり、会話をしたりすることを、可能な限り楽しくしたいと思うのは、私の望むところです。だって、人、それぞれ感じ方や思いも違っているのですから、互いに意見や感想を述べ会うことが、楽しいと思うのです。会話は、人を育てるという持論を持っていますから。そう、行きた証なのです。顎関節しょうになって診て、初めて感じることもあるでしょう。また、少し困ったことをどう知れば解消できるのかなんて思考も、面白いと思いませんか。
そして、「明日は我が身」となることもあり得るのです。当事者の方から、今後、同じような顎関節症にならないアドバイスも聞くことが、できるかも知れないですしね。
その人を大切に思う気持ちが、自分の幸福感にも繋がるというような考えの私ですが、皆さんは、どのような考えをお持ちなのでしょうか。