顎関節症とは?

>

顎関節症の原因と対策

原因は何でしょうか

顎関節症になってしまった現状を変えることはできなくとも、できる限り快適に暮らして行きたいと願う気持ちは、だれしもが持っているものだと思うのです。人の命の根源は、食べること。その食べることが困難になってしまうと、生きる気力も失せてくることもあるのではないでしょうか。自分さえ我慢すればいいんだ・・・・なんて思ってしまう人もいるかも知れません。しかし、その人を取り巻く人がいることを知っておいて欲しいものです。食事を一緒にして、「おいしいね」と会話ができることも、人生を楽しくすることにつながると思いませんか。なんてことのないことを共感しあえる人がいることの幸福を一緒に味わいたいと思うのです。それは、口の中を清潔にしていなかったり粗暴にしていたりしていた結果だと言い切ることもあるかも知れません。でも、原因を追求したところで、今の顎関節症が完治するとは思えないのです。悪化することを防ぐくらいでしょう。

対象となっている方々は

顎関節症にかかっている人の年齢層は、やはり高齢の方なのでしょうか。
これは、私の想像だけれど、加齢に伴って、体のあちらこちらが悲鳴を上げてきているのでしょうか。
とすると、ある程度の年齢を過ぎた人がなりやすいのかもしれないですね。
でも日常生活の影響で顎関節症になってしまった方が多いのではないでしょうか。
自慢できる話ではないのですが、親しくしている人が、恐らく、顎関節症だろうと思うのです。
その方は、入れ歯を作ってはみても、口の中に異物が入っていると思うだけで、嗚咽が走ってしまうのです。歯科医からは、「一日に5分から練習をしてみるといいですよ」とアドバイスをいただくも、現状では入れ歯の数が増えるだけで、解決には至っておりません。

そして、年々、口が小さくなっていっているように感じるのです。